大人のおもちゃを使ってみる vol.3

未分類

私は早速アナルバイブを試すことにしました。
彼女には仰向けになってもらって、お尻を少し突き出してもらいます。
たっぷりとローションをつけたバイブは早く入りたくてうずうずしているようでした。
そしていよいよ挿入するわけですが、なかなか勝手が悪く、うまく入れることができません・・・。
彼女は慣れていたのか、ちょっと体勢を変えて自分の手を掴むとゆっくりとバイブが挿さっていきました。

「ゆっくり動かすのよ」

と彼女がいうと、私も緊張の面持ちでゆーっくりと出し入れしました。
ちょっとずつ早くすると、ピチャピチャといやらしい音とともに激しく悶える彼女が見えました。
そしてとうとう彼女は絶頂を迎えたのです。私は間髪入れずにバイブを取り出して、もう一つの穴に挿入しました。
興奮してびちゃびちゃになっていたので、アナルバイブとは違い、すーっと自然な感じで入って行きました。
両手でバイブを持って交互に動かしてみると、「はぁはぁ」という声がどんどん激しくなって行きます。

「もうダメ〜〜〜〜!!でちゃう〜〜!!!!」

と彼女は叫ぶと、すごい量の潮が股間から吹き出しました。
おかげで辺り一面潮だらけになってしまって掃除するのが大変でした。
気を取り直して女の子が復活するのを待っていると、手コキをしたもらいたくなってきたので、お願いすると、彼女は黙々と手コキをしてきました。
男の性感帯をよく知っているかのような手の動きは神がかっており、裏筋を中心に責められました。
以前仙台のデリヘルでものすごく気持ちの良い手コキをされたことがありますが、今回はそれに匹敵する・・・。いや、それ以上の気持ち良さかもわかりません。
それぐらい気持ちの良いものでした。仙台以外のデリヘルを呼んだことはありませんが、おそらく東北でも上位クラスのテクニックだと感じます。

あっという間に私はイってしまって、なんだかあっけない感じでしたね。
彼女はこれだけ長時間悶絶するほど気持ちよくなっていたのに、私は一瞬で快感が終わってしまいましたw
男って案外そういうものなのかもしれませんね。
あとで思い出しおナニーはすると思いますが、今日のことは脳裏に焼き付けようと思いました。それぐらい素晴らしい経験だったのです。
私が早くイキ過ぎてしまったせいで、時間が余ってしまいました。
今までの一番エロい体験談や、性感帯やオナニーの話で盛り上がると、そんな余った時間もすぐに終わり、彼女が帰る時間になりました。
次回も必ず呼ぶという約束をして、彼女と別れましたが、今思うと、そう言った「次回も呼ぶからっ!」という約束は今まで一度も守られたことがないことに気がつきました。

一度お相手した女の子はもう2度と呼ばないかもしれません。
理由はやはり、今までにしたことのない人とするエッチが一番刺激的だからですね。

リップサービスで「また呼ぶ!」とは言いますが、本当にまた呼んでも良いと思うような女の子は、実際一握りしかいないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です