女神様 vol.2

未分類

私は洋服を着たまま彼女の乳首をいじっていると、彼女はとても気持ちが良いようでビクビクと体を脈打ちイッてしまいました。
「もうイッちゃったの〜?」なんて意地悪で聞いてみると、彼女は無言で頷きます。
よっぽど恥ずかしかったのか、彼女の顔はどんどん真っ赤になってきました。
そんな可愛らしい表情を見ていると、私もして貰いたくなってしまいます。彼女に「パクっとして」というと、待ってましたと言わんばかりに私の股間を口に咥えました。
私は仁王立ちで立ったままの格好でしたが、彼女のフェラテクは仙台のデリヘルの中でも上位にランクインする程上手でした。
吸う力は程よくキツめで、舌の使い方も巧みに動かしています。唾液をクッチャクッチャさせながらのエロい感じで、私は今にもイッてしまいそうになりました。
なんとか我慢してポジションをずらすと、私もクンニをしました。
次々と溢れ出てくるいやらしい液が、私の顔にポタポタと滴り落ちてきます。この異様にエロい光景は興奮している2人にとってはごく普通のことに感じられました。
真横から見ると、絵に書いた脳な69の文字が浮かび上がります。
クンニで感じるポイントに入ると、彼女はでフェラチオを中断してしまいます。こういう事をしているうちに、彼女はもう一度行きたくなってきたようで、手マンを要求してきました。
私は意地悪なので、直ぐにはしません。
焦らして焦らして、焦らした先に絶頂の快感ポイントがあると知っていたからです。

この時点で彼女は完全に私の配下になっています。
何でも言うことを聞いてくれると確信した私は、持参した極太バイブを見せました。
勿論彼女は早く入れてもらいたい素振りをしています。これも焦らしつつ、バイブのの先っぽで入口付近とお尻の穴付近を刺激してやりました。
少しローションをつけようかと思いましたが、彼女の股間は自分の愛液で既に滑らかになっており、ローションを付ける意味もなくなっておりました。
時は来ました。
私はゆっくりと極太黒光りしているバイブをズブズブと中に挿れて行きます。
既に滑らかになってるせいか、バイブは簡単に根本まで入っていきました。根本まで咥え込んだ彼女の股間はとてもエロく、私はその光景を脳裏に焼き付けました。
なんなら記念写真を撮りたいぐらいの光景です。女性が乱れてこの様な姿になってしまったわけですが、なかなか見ることが出来ません。
AVさながらの格好で悶絶している彼女は、本当に素敵です。

私は我慢の限界に達してしまったので、股間を彼女の股の間に挟んで素股をしたんです。
高速に腰を動かすと、これまでの刺激のせいか、すぐに射精してしまったのです。
特濃の白濁液は彼女の爆乳に飛び出しました。
その光景はまるで、ミルクがかかったイチゴのようです。

私は2海行きたかったのですが、一度で大量に出してs待ったこともあり、この日はこれで終りとなりました。
お店と女の子の名前を控えたので、今後も暫くこの子と遊んでみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です